入院のご案内

入院をお考えの方へ

当科では、精神科におかかりの方の入院治療を行っております。
当病棟は、年齢・疾患を問わずできるだけ多くの方々にご利用いただけますよう努めております。急性の病状の悪化時のほか、現在の治療で十分な効果が得られない場合、診断が確定しない場合など、患者さんに応じた検査・治療を行ってまいります。入院をご希望の方は、まずはおかかりの主治医にご相談ください。

質問促進パンフレット

治療の内容

当病棟では、患者さんの症状に応じて様々な治療を行っております。

チーム医療

医師、看護師、ソーシャルワーカー、心理士、作業療法士、薬剤師、栄養士など多職種が連携しながらより良い医療の提供に努めています。

薬剤調整

これまでの薬歴を見直し、薬の効果や副作用を丁寧に観察しながら、安全に十分配慮した調整をしていきます。

心理検査

知能検査、人格検査、認知機能検査など、各種心理検査を行っています。

作業療法(OT)

作業活動や集団活動を通じて、気分を安定させる、生活習慣をつける、集中力をつけるなどを目的としたリハビリテーションを行っています。

ソーシャルワーク

精神保健福祉士(ソーシャルワーカー)が、生活面や経済面などのご相談、制度や支援機関のご紹介を行っています。入院生活のサポートの他に、患者さんやご家族のお気持ちを伺いながら、退院後の生活に対する不安が軽減できるよう一緒に考えていきます。

ケア会議

主治医チームが患者さん・ご家族に対して治療内容や今後の方針などをお伝えします。また、必要に応じて地域の支援者の方と連絡を取り、退院後の生活に向けて話し合う場を設けています。

こころの発達診療部コンサルト(Tact-C)

発達障害に関する専門的評価が必要だと担当医が判断した場合、こころの発達診療部にコンサルトしています。

無けいれん電気けいれん療法(m-ECT)

重症うつ病で緊急性が高い場合や、気分障害・統合失調症で薬物抵抗性の場合などに、無けいれん頭部通電治療を行っています。
麻酔科・手術部の協力を得て、適切な医学的管理のもとで実施されます。詳しくは主治医にお尋ねください。

クロザピン

治療抵抗性統合失調症に対するクロザピン治療を行っています。
適応には、検査所見や薬歴が所定の基準を満たすことに加えて、退院後の生活支援・服薬管理・通院体制などが整備されていること等が条件になります。
詳しくは主治医にお尋ねください。

検査入院のご案内

通常の入院治療の他にも、各種検査入院を行っております。

こころの検査入院

うつ症状のある方の診断の正確性を高め、治療の適正化を目指します。4日間の入院中、光トポグラフィー(NIRS)検査をはじめ集中的な検査・心理プログラムによって、診断治療の新たな方向付けをし、紹介医へフィードバックします。

発達障害検査入院

発達障害が疑われる18歳以上の方を対象に、発達特性(自閉スペクトラム症や注意欠如・多動性障害など)について詳しい検査を行います。約8日間の入院で、詳細な検査と臨床症状の観察を行い、ご本人・ご家族に診断結果や生活面でのアドバイスをお伝えします。また、紹介医へご報告します。

てんかん検査入院

てんかんが疑われる方を対象に、約2週間の入院による検査を行います。約1週間の長時間ビデオ脳波の撮像をはじめ、その他各種画像検査・心理プログラムによって、アセスメントを行います。ご本人・ご家族に検査結果および今後の治療面・生活面でのアドバイスをお伝えします。また、紹介医へご報告します。原則として、長時間ビデオ脳波を行う1週間は、保護者の付き添いをお願いしております。

入院のご相談

ご入院までの流れは、当院かかりつけの方、他院におかかりの方で異なります。

当院かかりつけの方

主治医とご相談ください。入院が必要と判断された場合、当科ソーシャルワーカーから患者さんやご家族へお電話し、詳細の確認やご入院の日程調整をさせていただきます。緊急性や重症度を考慮しながら、即日~1,2週間程度で入院のご案内ができるよう努めております。

他院におかかりの方

現在おかかりの主治医とご相談の上、まずは当科に初診でおかかりください。初診の流れは、外来ページの受信の方法をご覧ください。

初診で入院が必要と判断された場合

当科ソーシャルワーカーから患者さんやご家族にお電話し、詳細の確認やご入院の日程調整をさせていただきます。緊急性や重症度を考慮しながら、即日~1,2週間程度で入院のご案内ができるよう努めております。

※お急ぎの場合は、おかかりの医療機関からご相談をお受けしております。

03-3815-5411(当院代表電話)から「精神科ソーシャルワーカー」までお電話ください。診療情報提供書をFAXいただければ、即日~2,3日中にお受入れの可否について医療機関へお返事させていただきます。必要に応じて、外来受診していただく場合がありますのでご了承ください。

ご本人・ご家族へ

入院が決まった方の当日の流れや持ち物、入院後の生活については、以下をご参照ください。

当日の流れ

  1. 手順1

    入院日は、9:45までに当院外来棟1階にお越しください。

  2. 手順2

    初診の方は、初診窓口で手続きをしてください。再来の方は、再来受付に診察券を通して下さい。

  3. 手順3

    外来棟4階の精神神経科外来までお越しください。基本的には、入院に必要な検査を受けていただいた後、医師が診察を行います。その後、職員が病棟にご案内いたします。

  4. 手順4

    病棟にご案内後、入院の手続きについてご説明いたします。

入院時にお持ちいただくもの

  • 健康保険証(その他お持ちの医療証、限度額適用認定証など)
  • 診察券(初診の方を除く)
  • 印鑑
  • 保証金10万円(現金もしくはカードでも可)
  • 着がえ、寝衣、履物
  • タオル、バスタオル
  • 洗面用具(洗面器、石鹸、シャンプー、歯ブラシなど)
  • コップ(プラスチック製のもの)
  • 寝衣・タオル・バスタオルは貸出しができます。セットで1日378円(税込)です。
    ご希望の方は、入院当日看護師にお伝えください。
  • タバコ、アルコールはお持込みができません。なお、当院は全面禁煙です。
  • 貴重品は、紛失・破損の危険がありますので、お持ちにならないでください。
    万が一紛失・破損された場合は責任は負いかねます。

入院生活について

【時間割】
6:00 点灯
8:00 朝食/朝薬服用
9:00 主治医回診、検温
9:30 ラジオ体操
12:00 昼食/薬服用
18:00 夕食/夕薬服用
20:00 当直医回診
20:30 眠前薬服用
21:00 消灯
【面会】
面会時間は10~20時です。
【外出】
外出・外泊については、入院後に主治医とご相談ください。
【通信】
病棟内には公衆電話が設置されています。
また、携帯電話はご入院される病棟や病室、病状などによってご利用いただけるかが異なります。ご了承ください。

医療関係者の方へ

医療機関の方へのページで詳細をご覧ください

病棟のご紹介

  • 大部屋
  • ナースステーション
  • 写真はあくまで一例です。
    なお、病室はご希望に添えない場合
    がございますので、ご了承ください。
個室のご利用料金
1日の差額代 概要
①2,780円
②5,400円 トイレ、洗面台、テレビ、冷蔵庫
③7,710円 ユニットバス、トイレ、洗面台、テレビ、冷蔵庫