東大精神神経科とは

ご挨拶

笠井 清登

東大精神科のホームページをごらんいただき、ありがとうございます。みなさまやみなさまの大切にしておられる方は、さまざまなつらい思いをされてこられたことと思います。そのお話をお聞かせいただき、お一人お一人が希望する生活や人生を送れますよう、お力になれればと思っております。

東大精神科の目指す治療姿勢を述べさせていただきます。これまでの精神科医療は、症状の改善を目標としてきました。それは非常に重要ですが、あくまで希望する生活や人生を送るための手段です。わたしたちは、最終的な目標を「リカバリー」においています。リカバリーという言葉の定義を一言で言い表すことは難しいのですが、お一人お一人が希望する生活や人生を送れるようになることです。

そのためには、治療の過程で生じるさまざまな決定を患者さんと専門家が共同で行っていく(共同意思決定といいます)、いわば、患者さんやご家族と多職種の専門家がともに患者さんの人生を創っていく(共同創造といいます)必要がでてきます。もちろん私たち専門家のサポートが不要になればそれにこしたことはありません。

また、治療の場やスタッフがリカバリー促進的である必要もあります。こうして共同創造された治療文化のなかで、患者さんの人生、いわばリカバリーの旅に伴走できる専門家を育成していきたいと思っています。もちろん、重い心身の障がいがあったり、社会的・経済的に深刻な環境におかれていたりなど、リカバリーといった言葉を軽々しく用いることがはばかられる状況にも思いを致し、寄り添える存在でありたいと考えています。

こうした治療文化を創っていく第一歩として、リカバリーの旅を歩もうとする患者さんの視点に少しでも近づこうと、ホームページをリニューアルしました。本来はホームページ自身を患者さんたちと共同で創らないといけませんね。今回は、私がお親しくさせていただいている方々にご意見をいただくにとどまってしまいました。今後の私たちの課題とさせてください。

各部門スタッフ紹介

  • 精神神経科外来に
    受診される皆様へ

    外来医長荒木 剛

    荒木 剛のプロフィール写真

    当科の外来では、幅広い年齢・疾患の方々を対象に、基本的には精神科医による診察と薬の調整を中心に治療を行い、必要に応じて、心理検査や作業療法、精神科デイケア、ソーシャルワーカーによる医療相談や環境調整などを行っています。当院の検査や治療を経て、病状が安定した患者さんには、ご紹介元の先生やご自宅・職場近くの医療機関をご紹介しています。また、当院は教育機関でもあり、医学生や研修生による予診や診察陪席を行っており、ご理解・ご協力をお願いします。
    皆様の人生に寄り添える一時を共有できるよう尽力してまいります。

  • 熱意ある多職種スタッフと
    協働して一歩前進させる
    治療を目指します

    病棟医長近藤 伸介

    近藤 伸介のプロフィール写真

    大学病院である当院の入院治療の強みは、経験ある指導医と熱意あふれる若手医師たちが多職種スタッフと協働して複眼的に治療に当たっている点です。病棟では生活のご様子を把握できるため、単なる医学的な症状改善にとどまらず、看護・心理・リハビリ・ソーシャルワークを有機的に取り入れて、これまでの治療が一歩前進するような取り組みが可能になります。

    急な病状の悪化や各種精査はもちろん、外来治療で進展がない時にも有用です。入院をお考えの方は外来主治医にご相談なさってみてください。

  • チーム医療の実践

    リエゾン市橋 香代

    市橋 香代のプロフィール写真

    精神科リエゾンチームは、看護師1名、心理士2名、初期研修医を含めた医師5−6名が中心となって他科入院患者さんを対象に活動しており、リエゾン加算を算定しています(2015年9月現在)。

    主な活動領域は救急部との連携、移植治療のサポート、周術期管理、出産を含む精神疾患の診断を有する患者さんの身体治療のサポート、せん妄対策などです。精神疾患や精神症状を理由に必要な身体的治療が受けられないことがないよう、チーム一丸となって全力で取り組んでいます。

  • 患者さんの思いに寄り添う看護を
    提供していきます

    病棟師長中村 美和

    中村 美和のプロフィール写真

    精神科は看護師の専門性が求められます。そのためには患者さんとその家族の思いに傾聴し、その思いを表出させるコミュニケーション技術が必要です。ロールプレイングなどを通して対応の技術と倫理的視点の向上を目指します。その上で患者さんの変化に気づき、精神面と身体面のアセスメントができるように取り組んでいきたいと思っています。

    また、医師、薬剤師、PSW、OTと毎日合同カンファレンスを実施し、情報の共有や対応の検討をしています。さらに、患者さんとその家族の思いを尊重した、入院から退院までの支援を強化していきます。

  • よりよい治療のために

    心理士岡村 由美子

    岡村 由美子のプロフィール写真

    病棟や外来での心理検査やリエゾン活動が主な業務となります。お困りのことについて、心理面から見立て、多職種で話し合い、これからどうしていったらよいのかを一緒に考えてまいります。

    大学病院の特徴として、研究と臨床の最先端の動向を身近に感じ、他科での精神科臨床も行い、今後の日本の精神医療のあり方に思いをめぐらす機会に恵まれている環境などが挙げられるように思います。

    大学病院ならではの広い視野と知見に基づいた心理アセスメントや実践をし、よりよい治療の一助となるよう、日々研鑽を積んでおります。

  • 精神科作業療法では本人が
    その人らしい生活を
    送れるよう支援を行っています

    作業療法士矢野 健一

    矢野 健一のプロフィール写真

    精神科作業療法は精神科におけるリハビリテーションの一つです。現在当院精神科作業療法では主にビーズや革細工、陶芸などの手工芸、麻雀や陶芸などの集団活動、家事の練習や調理の練習など生活動作に関わる活動、就労や就学に向けた練習などを実施しています。

    このような諸活動を通じて生活能力の向上や社会復帰に向けた支援を行います。参加に当たり主治医の処方箋が必要となりますので参加をご希望の方は主治医の先生にご相談ください。

  • 患者さんのニーズを大切にしながら、
    実際の生活に基づいた
    相談や支援を心がけています

    精神保健福祉士石浦 朋子

    石浦 朋子のプロフィール写真

    当科ソーシャルワーカーは、外来や入院患者さんの社会復帰に向けての相談や、生活支援が必要な方を適切な機関へ繋げる橋渡し、入院のご依頼を受ける窓口、などを担当しています。接する機会のなかった方にはあまり馴染みのない職業かもしれませんが、『患者さんの生活がより良くなるために何ができるか』を考え、まずは患者さんのお話を丁寧に聞くことを大切にしています。

    現在の生活や病気のことで、お困りのことがありましたら、主治医にご相談の上、お気軽にご利用ください。

教室員紹介

精神神経科のスタッフをご紹介いたします。

2019.6.1現在

氏名 職名 専門
笠井 清登 教授
神出誠一郎 准教授
荒木 剛 講師
安藤俊太郎 講師
近藤 伸介 特任講師(病院)
市橋 香代 特任講師(病院)
里村 嘉弘 特任講師
上瀬 大樹 助教
切原 賢治 助教
谷口 豪 助教
藤川 慎也 助教
大路 友惇 助教
多田真理子 助教
榊原 英輔 助教
池亀 天平 助教
星野 瑞生 助教
安藤 友子 助教
太田 和佐 特任助教
森本 千恵 特任研究員(常勤)
辻本 憲吾 特任研究員(常勤)
越膳 航平 特任臨床医
庄司 瑛武 特任臨床医
倉持菜々美 専攻研修医
木下慶一朗 専攻研修医
長岡 大樹 専攻研修医
佐藤 駿一 専攻研修医
南 拓人 専攻研修医
佐々木宏太 専攻研修医
岡村由美子 臨床心理士・公認心理師
濱田 純子 臨床心理士・公認心理師
萩原 瑞希 臨床心理士・公認心理師
山路 陽子 臨床心理士・公認心理師
小池 優美 臨床心理士・公認心理師
石浦 朋子 精神保健福祉士
正岡 美麻 精神保健福祉士

連携施設

こころの発達診療部
金生由紀子 こころの発達医学分野准教授
江里口陽介 こころの発達医学分野助教
石井 礼花 こころの発達医学分野助教
稲見 茉莉 特任臨床医
杉本 徳子 特任臨床医
江口 聡 臨床心理士・公認心理師
石川菜津美 臨床心理士・公認心理師
早野 留果 臨床心理士・公認心理師
小川 知子 精神保健福祉士、臨床心理士、公認心理師 医療運営課 医療評価・安全チーム
リハビリテーション部
森田健太郎 助 教 精神科医(助教)
藤枝由美子 デイホスピタル 臨床心理士・公認心理師・精神保健福祉士
清水希実子 デイホスピタル 臨床心理士・公認心理師・精神保健福祉士
矢島 明佳 デイホスピタル 臨床心理士・公認心理師・精神保健福祉士・社会福祉士
中村ひとみ 臨床心理士・公認心理師(精神神経科)
石橋 綾 デイホスピタル 作業療法士・精神保健福祉士
足立 光音 デイホスピタル 作業療法士
柴田貴美子 デイホスピタル 作業療法士
飯田 美恵 デイホスピタル 看護師・精神保健福祉士
安藤百合子 デイホスピタル 看護師
佐藤由美子 精神保健福祉士、ピアサポートワーカー(精神神経科)
矢野 健一 精神科作業療法 作業療法士
株元 麻美 精神科作業療法 作業療法士・精神保健福祉士

2017年度 診療実績

2017年度 診療実績

病棟
54床(閉鎖 26床 / 開放 28床)
新規入院
461人/年
うち、他院紹介による入院
238人
平均在院日数
34.7日
各種検査入院
84件【内訳】
こころの検査入院
43件
てんかん検査入院
28件
発達障害検査入院
13件
外来
33,720人(のべ数)
うち、新患
783人別にリハビリテーション部・こころの発達診療部
診療実績

リンク

東京大学
UTIDAHM 東京大学こころの多様性と適応の統合的研究機構
学生相談ネットワーク 本部精神保健支援室
東京大学医学部附属病院
リハビリテーション部精神科デイホスピタル
こころの発達診療部
こころのリスク外来
東京大学大学院医学系研究科・東京大学医学部
脳神経医学専攻
精神医学分野
こころの発達医学分野
ユースメンタルヘルス講座
その他
日本統合失調症学会