活動報告・ニュースレター

1: シンポジウム | 2: 領域会議 | 3: 若手・女性支援 | 4: ニュースレター

1: シンポジウム

平成28年12月21日に新学術領域研究「自己制御精神」と「共感性」の合同次世代育成シンポジウムを開催いたしました。

三回目の合同シンポジウムとなる今回は、共通点を有する両領域の研究者がペアとなり、事前に相互に用意した質問への回答を織り交ぜながら発表を行いました。

共感性領域の古藤先生と自己制御領域の安藤先生、
共感性領域の佐藤先生と自己制御領域の結城先生、
共感性領域の横山先生と自己制御領域の岡田先生、

がそれぞれペアとなり、活発な議論が行われました。旬の研究が盛り沢山で、両領域の成熟の伺える3時間となった。

発表演題

 

共感性・自己制御精神 合同シンポジウム 「個体と社会の関係を科学する」

平成27年12月19日(土)、包括脳ネットワーク冬のシンポジウムの一部として、新学術領域研究「共感性の進化・神経基盤」(代表:長谷川寿一 東京大学)と「精神機能の自己制御性の理解にもとづく思春期の人間形成支援学」(代表:笠井清登 東京大学)の第2回合同シンポジウム「個体と社会の関係を科学する」が開催されました。今回は、両領域に共通する重要なテーマである「個人と社会の関係性」に注目し、第一線の研究者を分野横断的に招く分野横断的シンポジウムとなりました。

発表演題

各発表後には、各領域から代表質問者を選出し、指定討論を行いました。刺激的な講演内容に触発され、用意された質疑時間が足りなくなるほどの盛り上がりを見せました。

閉会に際しての総評として、亀田達也先生(東京大学)からは、4者の発表を包括的な視点から捉えなおしつつ、個体と社会の関係性をより深く捉えるためのヴィジョンが提示されました。福田正人先生(群馬大学)からは、人間の発達・回復という観点から、自己制御・共感が人間性の両輪をなす概念であることが指摘されました。

昨年度を上回る来場者に恵まれる中、学術的な緊張感と、学際的で和気藹々とした雰囲気の中で、盛会のうちにシンポジウムは終了いたしました。

(文責:澤田 欣吾/金田 涉)

平成27年度 国際シンポジウム Adolescent brain & mind and self-regulation(ポスター

日時: 2015年11月1日(日) 9:00-17:10
場所: 東京大学医学部附属病院入院棟A 15階 大会議室
海外招待演者(発表順、以下敬称略)

Tomas Paus, M.D.,Ph.D.
Senior Scientist, The Rotman Research Institute, Professor of Psychology and Psychiatry, University of Toronto, Canada
Senior Scientist, Center for the Developing Brain, Director of Population Neuroscience Research, Healthy Brain Network, Child Mind Institute, U.S.A.
“How genes and experience shape the adolescent brain”

Sheung-Tak Cheng, Ph.D.
Chair Professor of Psychology and Gerontology, Department of Health and Physical Education, Hong Kong Institute of Education, Hong Kong
Honorary Chair, Norwich Medical School, University of East Anglia, U.K.
“Cognitive reserve, Cognitive Impairment, and Caregiving: Intergenerational and Life Course Perspectives”

シンポジスト(発表順)

Shuntaro Ando; “Tokyo Teen Cohort Study –a longitudinal study on developmental trajectory of self-organization in adolescence”

Naohiro Okada; “An exploration of developmental trajectory of self-regulation by neuroimaging: subsample of Tokyo Teen Cohort study”

Astushi Nishida; “Social support network of mothers and psychological well-being of their children”

Norito Kawakami; “Social inequality in health and well-being: a role of early life mediators”

Tsuyoshi Okamura; “Homeless people in Japan: A life-course perspective”

Mariko Tada; “Multimodal neuroimaging in the early stages of psychosis”

Michio Suzuki; “Neurobiological basis for psychosis development in adolescence and early adulthood”

思春期の神経科学・精神医学研究でご高名な2名の先生方を海外招待演者としてお呼びし、ご講演をいただきました。また、A01、A02、A03の3つの計画研究に呼応する以下の3セッションを行いました。

Session 1: Integrative developmental science in adolescence
Session 2: Life-course approach to community health and well-being
Session 3: Developmental psychopathology in adolescence

セッションでは活発な議論、意見交換がなされました。その中でTomas Paus先生より思春期の神経発達に関するpopulation based studyの重要性についてご意見をいただきました。Sheung-Tak Cheng 先生によるlife courseから思春期を捉える視点からのご講演からも、思春期の脳機能の発達と人間性(自己制御性)の形成という本領域のこれまでの研究の重要性を再認識させられるとともに、今後の研究の方向性について、有意義な示唆を受けました。

お昼にはポスターセッションも行い、海外演者の先生方に御講評を頂き、全18枚の中から、以下3名のポスター賞が選ばれました。

Tomoya Nakai ”Modulation of Neural Activity in the Human Reward System by Different Levels of Instructions during an Insight Problem Solving Task”

Yingyi Luo ““He laughs because/therefore the book is funny”: The neural evidence of order processing in causal inference during reading”

Yoshiko Nishiyama “fMRI Study of Social Anxiety during Social Ostracism with and without Emotional Support in university students.“

(文責:澤田欣吾)

包括脳・冬のワークショップ 「共感性」「自己制御精神」合同シンポジウム(ポスター

日時: 2014年12月13日(土)9:30-12:00
場所: 東京医科歯科大学M&Dタワー

文部科学省「包括型脳科学研究推進支援ネットワーク」が主催する冬のシンポジウムにおいて、新学術領域研究の「共感性(領域代表:長谷川寿一・東京大学)」「自己制御精神(領域代表:笠井清澄・東京大学)」の合同シンポジウムを開催しました。

菊水健史先生(麻布大学)、藤井直敬先生(理化学研究所)を司会に迎え、共感性と自己制御精神の「発達」「進化・神経基盤」「理解・支援」という3つのテーマで、各研究者による成果発表が行われました。また、山岸俊男先生(一橋大学)、福田正人先生(群馬大学)から両領域の連携について総括講評がなされました。質疑やディスカッションも領域を超えて活発に行われ、盛会のうちに終了しました。(文責:金田 渉)。

主催:文部科学省 「包括型脳科学研究推進支援ネットワーク」

平成26年度 国際シンポジウム Adolescent brain & mind and self-regulation(ポスター

日時: 2014/07/05(土) 8:30-17:30
場所: 東京大学医学部附属病院入院棟A 15階 大会議室
海外招待演者(発表順、以下敬省略)

George Patton, Ph.D.
Professor, Centre for Adolescent, University of Melbourne, Victoria, Australia
“Adolescent Evolutionary Biology in a Time of Global Social Change: Implications for Mental Health and Development”

Russell Viner, Ph.D.
Professor, Adolescent Health, Institute of Child Health, Faculty of Population Health Sciences, University College London, London, UK
“Puberty, adolescent self-regulation and physical and mental health”

Johan Ormel, Ph.D.
Professor, Department of Psychiatry, University Medical Center Groningen, University of Groningen, Groningen, the Netherlands
“The Epidemiology of Mental Disorder in Adolescence: the Significance of Three Times Bad Luck. Findings from the TRAILS Study.”

シンポジスト(発表順)

Shuntaro Ando; Introduction of Tokyo TEEN Cohort and preliminary analysis from the baseline survey

Atsushi Nishida; Association of maternal resources with child well-being and mental ill-being: Finding from Tokyo Teen Cohort Study

Kazuo Okanoya; Epigenetic modulation in birdsong: a resource allocation hypothesis

Saori Tanaka; Application of computational model of decision-making to psychiatric disorders

Toshiya Murai; Structural Neuroimaging as a Window into Pathophysiology of Schizophrenia

Shinsuke Koike; Association of verbal cognitive impairment with brain pathology in first-episode chizophrenia: Findings from multi-modal neuroimaging studies and future directions to epidemiological researches

思春期の神経科学、精神医学、疫学研究でご高名な3名の先生方を海外招待演者としてお招きし、ご講演いただきました。併せてA01、A02、A03それぞれの研究計画に呼応する以下の3セッションを行いました。

Session 1: Evolution & Developmental epidemiology in adolescence (Chair: Hiroko Hagiwara)
Session 2: Neuro- & Health sciences in adolescence (Chair: Naotaka Fujii)
Session 3: Clinical psychiatry of self-regulation (Chair: Tsukasa Sasaki)

思春期の脳機能の発達と人間性(自己制御性)の形成という本領域のテーマに対し、疫学、進化心理学、社会神経科学、神経行動学、精神医学といった多角的な方面からの発表が続き、本テーマに対するアプローチの多様性が実感されました。

お昼にはポスターセッションも行い、海外演者の先生方に御講評を頂き、全18枚の中から、以下4名のポスター賞が選ばれました。

Sho Kanata; Psychological and Behavioral Problems in Children with Enuresis (Night Bedwetting)

Rie Toriyama; Do you want to be like your Mom/Dad? -Children’s well-being and their perception of their parents-

Chihiro Hosoda; A way to achieve a goal against ‘MIKKABOUZU (the dropouts)’

Yasunori Oka; Neurocognitive Effects of Sleep Disruption in Children and Adolescents

(文責:澤田欣吾)

主催:文部科学省 進学術領域「精神機能の自己制御理解にもとづく思春期の人間形成支援学」

平成25年度 国際シンポジウム Adolescent brain & mind and self-regulation(ポスター

<日時> 2013年10月27日(日) 9:00-17:10
<場所> 東京大学医学部附属病院入院棟A 15階 大会議室

<海外招待演者(発表順、以下敬称略)>
Elaine F. Walker, Ph.D.
Samuel Candler Dobbs Professor of Psychology and Neuroscience
Department of Psychology, Emory University, Atlanta, USA
“Adolescent Neurodevelopment and Risk for Mental Illness“

Iroise Dumontheil, Ph.D.
Lecturer, Department of Psychological Sciences, Birkbeck, University of London
Institute of Cognitive Neuroscience, University College London, London, UK
“Development of executive functions during adolescence”

Nicholas B. Allen, Ph.D.
Professor, Melbourne School of Psychological Sciences
University of Melbourne, Victoria, Australia
“The social neuroscience of adolescent self regulation and risk for mental disorders”

<シンポジスト(発表順)>
安藤俊太郎“Tokyo teen cohort”
長谷川眞理子“Evolutionary psychology of adolescence”
藤井直敬“Neural mechanism of social perception: Meta Module Hypothesis”
岡ノ谷一夫“Evolution of language and self-regulation: insights from animal research”
笠井清登“Developmental neuroscience and psychopathology in adolescence”
岡本泰昌“Neural basis of cognitive behavioral therapy in major depression”

思春期の神経科学・精神医学研究でご高名な3名の先生方を海外招待演者としてお呼びし、ご講演を頂きました。A01、A02、A03の3つの計画研究に呼応する以下の3セッションを行いました。

・Session 1: Developmental epidemiology in adolescence (Chair: 酒井弘)
・Session 2: Social neuroscience in adolescence (Chair: 福田正人)
・Session 3: Clinical psychiatry of self-regulation (Chair: 村井俊哉)

思春期の脳機能の発達と人間性(自己制御性)の形成という本領域のテーマに対し、疫学、進化心理学、社会神経科学、神経行動学、精神医学といった各方面の立場からの発表が続き、本テーマに対するアプローチの多様性が実感されました。

お昼にはポスターセッションも行い、海外演者の先生方に御講評を頂き、全18枚の中から、以下3名のポスター賞が選ばれました。

Mingdi XU“ Self-regulation of speech production in response to modulated auditory feedback”
Yui K Matsumoto“The Effects of Melatonin Productivity for Behavior and Ultrasonic Vocalizations on Laboratory Mice”
Masato Kasagi“The Relationship of Structural and Resting Functional MRI with Gambling Task Performance in Human Brain Reward Systems of Adolescents and Adults”
(文責:多田真理子)。

主催:文部科学省 進学術領域「精神機能の自己制御理解にもとづく思春期の人間形成支援学」

包括脳・夏のワークショップ 脳疾患関連3領域合同シンポジウム

<日時> 2012年7月25日(水) 9:00-15:00
<場所> 仙台国際センター【萩】

文部科学省「包括型脳科学研究推進支援ネットワーク」主催のワークショップにおいて、新学術領域研究の脳疾患関連3領域「シナプス病態(領域代表:岡澤均先生・東京医科歯科大学)」「脳内環境(領域代表:高橋良輔先生・京都大学)」「自己制御精神」の合同シンポジウムを開催しました。

本領域からは、笠井清登領域代表が座長を務め“Neural mechanism of cognitive and reward systems and its dysfunction in psychiatric disorders”と題するセッションを行い、疋田貴俊先生(京都大学)とAnthony J. Rissling先生(University of California, San Diego)にご講演頂きました。多くの聴衆から活発な質疑が寄せられ、盛況のうちに終了いたしました。(文責:多田真理子)。

主催: 文部科学省 「包括型脳科学研究推進支援ネットワーク」

公開シンポジウム・パネルディスカッション 思春期の自己制御研究への期待(ポスター

<日時> 2012年5月27日(日) 14:00-17:00
<場所> 東京大学医学部教育研究棟13階 第6セミナー室
シンポジスト 伊佐正先生 (自然科学研究機構 生理学研究所) 神経科学からのアプローチ
坂井克之先生(東京大学 大学院医学系研究科)  認知科学からのアプローチ
安藤寿康先生(慶応義塾大学 文学部)      行動遺伝学からのアプローチ
山岸俊男先生(玉川大学 脳科学研究所)     社会心理学からのアプローチ
司会:笠井清登(東京大学 大学院医学系研究科:領域代表)

本領域ではA01、A02、A03の3つの計画研究を軸にして、分子から社会までの統合的・学際的アプローチにより、人間の精神機能の自己制御理解を目指しています。特に、この「精神機能の自己制御」は人間に特有のライフステージである「長い思春期」に育まれることに注目し、研究を進めています。

そこで、今回の公開シンポジウムでは関連する学際的な研究分野を代表する4名のシンポジストをお招きし、それぞれの専門領域からみた「精神機能の自己制御」について、ご講演頂きました。

各シンポジストのご講演は、専門的な内容ながらも人間の精神機能の自己制御に収束していき、関連する本領域研究者のみならず聴衆からも議論がよせられました。(文責:多田真理子)。

主催: 文部科学省 進学術領域「精神機能の自己制御理解にもとづく思春期の人間形成支援学」

平成24年度 児童・思春期発達コホート学術講演会(ポスター

<日時> 2012年2月13日(月) 18:00-19:00
<場所> 東京大学大学院医学系研究科教育研究棟・第6セミナー室(13 階)
<演者> Marcus Richards, Ph. D.
MRC Unit for Lifelong Health and Aging, and
University College London, UK
<演題> A life course approach to the development of mental skills

マーカス・リチャーズ先生(英国医学研究協議会(MRC)生涯にわたる健康と加齢研究プロジェクト責任者、ロンドン大学公衆衛生科学部 認知疫学教授)は、2011年3月のNature誌において報告された「1946全英国家出生コホート研究」において中心的な役割を果たしている研究者です。65年に渡るコホート研究を通して、出生から発達・成長を遂げ、老いに至る人生(ライフステージ)における遺伝・環境・発達の相互作用の解明が進んできました。
今回の講演会では、コホート研究から得られた疫学的成果のみならず、その運営の戦略的なアプローチについてもご講演いただきました。中でも、精神機能や認知機能の発達に関しては、自己制御性の成熟が予後に与える影響についても触れられ、印象的でした。その後の質疑では、コホートが日本で行われることにより、文化によって異なる動態を考察できる点や、コホートを紐解き、過去の政策立案の影響を検討することで、国家的な将来計画にも有用となる可能性などが議論され、非常に興味深い内容となりました。また研究プロジェクトの実践についても具体的な質疑がなされました(文責:多田真理子)。

主催: 文部科学省 新学術領域研究「精神機能の自己制御理解にもとづく思春期の人間形成支援学」
共催: 東京大学・こころの発達と障害の教育研究コンソーシアム
文部科学省 新学術領域研究「現代社会の階層化の機構理解と格差の制御:社会科学と健康科学の融合」
東京都医学総合研究所 心の健康づくりのための予防・治療・リハビリ法プロジェクト

平成23年度 児童・思春期発達コホート学術講演会(ポスター

<日時> 2011年12月1日(木) 18:00-19:00
<場所> 東京大学大学院医学系研究科教育研究棟・第6セミナー室(13 階)
<演者> Louise Arseneault, Ph. D.
Social, Genetic and Developmental Psychiatry Centre
King’s College London, UK
<演題> Association between mental health and youth development: Experience from two longitudinal cohort studies

ルイーズ・アーセナルト先生(王立ロンドン大学精神医学研究所 社会・遺伝・発達精神医学センター 准教授)は、発達精神病理、発達行動科学をご専門とされ、国際的に高い評価を受けている大型発達コホートプロジェクトにおいて中心的な役割を果たしている研究者です。遺伝・環境・発達の相互作用の解明に向けた最新のコホート研究を推進し、成人期のライフアウトカムに影響を与える発達期の予防・リスク要因の解明を進めておられます。

今回の講演会では、アーセナルト先生が実際に関わっておられる、ニュージーランド・ダニーデン出生コホート研究、及び、全英双生児発達コホート研究(E-RISK)の研究成果についてご講演いただきました。その後の質疑では、非常に高い追跡率を保つための工夫など、研究成果についてだけでなく、研究プロジェクトの実際の進め方についても活発に議論がなされました(文責:西村幸香)。

主催:文部科学省 新学術領域研究「精神機能の自己制御理解にもとづく思春期の人間形成支援学」
共催:文部科学省 新学術領域研究「現代社会の階層化の機構理解と格差の制御:社会科学と健康科学の融合」
東京都医学総合研究所 心の健康づくりのための予防・治療・リハビリ法プロジェクト
東京大学 こころの発達と障害の教育研究コンソーシアム

キックオフ・シンポジウム&平成24年度・公募研究説明会

<日時> 2011年9月23日(金・祝日) 12:00-14:00
<場所> 東大病院入院棟A棟 15階 大会議室

12:00~ キックオフ・シンポジウム
 1. 挨拶と領域概要(笠井清登)
 2. 思春期の自己制御の形成過程(A01)(長谷川眞理子)
 3. 思春期の発達・健康に関するコホート調査(A01)(西田淳志)
 4. メタ認知・社会行動の発達にもとづく自己制御(A02)(藤井直敬)
 5. 統合的アプローチによる自己制御の形成・修復支援(A03)(笠井清登)
13:20~ 公募研究説明と質疑応答(笠井清登)
13:50~ 学術調査官(藤倉達郎先生、松田哲也先生)ご講評
13:55~ 事務連絡

2011年9月23日、本郷キャンパスにある東京大学医学部附属病院にて、「精神機能の自己制御理解にもとづく思春期の人間形成支援学」のキックオフ・シンポジウムおよび平成24年度・公募研究説明会が開催され、各地から約60名の方にご参加いただきました。

最初に、笠井清登・領域代表より領域の概要について説明があり、本領域が目指す新しい総合人間科学の創出への期待について講演がありました。続いて、拠点メンバーの長谷川眞理子(総合研究大学院大学)、西田淳志(東京都医学総合研究所)、藤井直敬(理化学研究所)、笠井清登(東京大学)より、各計画研究の概要についての講演を行いました。その後、公募研究についての概要説明と来場者の方々からの質疑応答を行いました。最後に、本領域をご担当頂く文部科学省研究振興局学術調査官である、藤倉達郎先生(京都大学)、松田哲也先生(玉川大学)よりご講評を頂きました。(文責:高野洋輔)

公募研究のご案内については、こちらもご覧ください。

申請方法等につきましては,文部科学省のウェブサイトをご参照いただき,所属機関の研究費担当にお問い合わせください.

2: 領域会議

第11回(平成27年度 第2回)領域会議

日時: 2016年1月24日(日) 9:00-17:00
場所: 東京大学医学部附属病院 A棟15階 大会議室

午前は、A01~A03の計画班から5年間の成果の報告が行われました。領域全体として思春期の自己制御について意義のある成果が報告されるとともに、今後の発展的展望について闊達な議論がなされました。

午後は、まず、公募班からポスター発表が行われました。続いて思春期コホートより自己制御と言語の関連について、また、広島大学コホートから自己メタ認知課題や大学生の抑うつ症状についての報告がなされました。いずれのコホートにおいても領域間連携を通じて深い議論を行うことができました。(文責:澤田欣吾)

第10回(平成27年度 第1回)領域会議

日時: 2015年6月21日(日) 9:30-17:00
場所: 東京大学医学部附属病院入院棟A 15階 大会議室

午前はテーマ別ディスカッションとして、東京ティーンコホートより自己制御に関連した知見と自己制御関連行動特性の世代間伝達についての予備的検討について発表されました。また、広島大学よりUG-projectのRCTの結果が報告されました。自己制御に関連したA01, A02, A03連携について、これまでの成果をまとめ、今後の連携の方向性について議論を行いました。

午後は藤井直敬、岡ノ谷一夫を中心に動物研究からみたヒト研究へのトランスレーションの可能性について議論を行いました。また、計画班から高橋泰城、福田正人、酒井弘、村井俊哉、田中総より現在の報告と領域に関連した今後の発展性について発表されました。(敬称略)

本領域も最終年度に入り、自己制御に関わる知見も集まりつつあり、より一層の活発な議論が行われました。(文責:澤田欣吾)

第9回(平成26年 度第2回)領域会議

日時: 2015年3月14日(土) 10:00-17:00
場所: 東京大学医学部 教育研究棟13階 第6セミナー室

午前はポスター発表形式で、A01, A02, A03各領域の公募班の進捗状況が報告され、盛んな議論が行われました。

A01 小池進介 「大学生の抑うつ症状と脳体積の関連について VBMによる検討」
  金生由紀子 「チック障害の予後予測因子の検討」
  文東美紀 「コホート研究におけるDNAメチル化のバイオマーカーとしての有用性の検討」
  松井三枝 「乳児期から成人早期における脳白質構造の発達変化:拡散テンソル画像による検討」
  高橋雄介 「思春期における自己制御の発達と学校・社会適応との関連に関する行動遺伝学的研究」
  田中沙織 「自己制御機能を測定するための双曲割引モデルに基づく実験課題の開発と少年期および青年期被験者への適用」
  安藤俊太郎 「東日本大震災の被災地市民の抑うつ症状、アルコール依存傾向の長期変動軌跡の検討」
A02 大村優 「児童青年期におけるセロトニン神経系と衝動的行動の関係の解明」
  杉浦元亮 「自己確立の脳メカニズム解明」
  阿部修士 「脳機能・脳構造解析と遺伝子多型解析による自己制御と欺瞞行動の神経基盤の研究」
  皆川泰代 「言語の臨界期脳にせまる:思春期とその前後の学習機序の変化」
  細田千尋 「目標達成のための長期自己制御力獲得支援法開発」
A03 高橋史 「怒り感情は環境からのフィードバック知覚を阻害するか?」
  一戸紀孝 「マーモセットを用いた思春期の前頭葉発達補助薬の開発」

午後は計画班の発表が行われました。A01, A02, A03それぞれの領域ごとの研究成果とともに、他領域との連携についての進捗状況と今後の展開が報告されました。(文責:東京大学・永井達哉)

第8回(平成26年度 第1回)領域会議

日時: 2014年7月6日(日) 10:00-17:00
場所: 東京大学医学部附属病院 中央診療棟 7階 大会議室

午前はポスター発表形式でA01,A02,A03各領域の公募班の進捗状況報告が行われました。各班それぞれ研究の進捗状況について盛んな議論がなされました。

午後は計画班の発表が行われました。A01,A02,A03それぞれ、領域毎の分担研究とともに他領域との連携について具体的な進捗状況について報告されました。自己制御という概念の共有上で、多岐にわたる領域間の連携が進むにつれ、より学際的な研究が行われつつある様子が伺われました。
(文責:澤田欣吾)

第7回(平成25年度 第2回)領域会議

<日時> 2014年3月9日(日) 11:00-17:00
<場所> 東京大学医学部附属病院 中央診療棟 7階 大会議室

午前は、ポスター発表形式でA01~A03までの公募班の進捗状況報告がなされました。各班ともに研究の進捗が目に見える形となり、闊達な議論がなされました。

午後は、計画班の発表がなされました。A01からは思春期コホート本体の進捗と、A02、A03との連携について、A02、A03からも各分担研究と共に領域間連携について、具体的な進捗状況報告がありました。自己制御という概念共有に止まらず、領域内の多岐に渡る研究が実際に連携され、より学際的な研究が行われつつある様子が共有されました。まとめとして、領域評価委員会総括班評価者をご担当頂いている長谷川寿一先生(東京大学)、樋口輝彦先生(国立精神神経・医療研究センター)、狩野方伸先生(東京大学)と(ご講評順)よりご講評を頂きました。(文責:多田真理子)。

第6回(平成25年度 第1回)領域会議

日時: 2013年7月14日
場所: 総合研究大学院大学

「青春脳」夏合宿において第6回領域会議を開催いたしました。詳細はこちら

第5回(平成24年度 第2回)領域会議

<日時> 2013年3月3日(日) 9:00-17:00
<場所> 東京大学医学部附属病院 中央診療棟 7階 大会議室

午前は、ポスター発表形式でA01~A03までの公募班の進捗状況報告がなされました。各班ともに研究の進捗が目に見える形となり、闊達な議論がなされました。今後、本領域内の多岐に渡る学際的な研究が、如何に有機的なコラボレーションを産み出せるかが興味深いところであります。

午後は、A01、A02、A03各計画班の進捗状況報告がありました。まとめとして、本領域をご担当頂く文部科学省研究振興局学術調査官である、松田哲也先生(玉川大学)よりご講評を頂きました。(文責:多田真理子)。

 

第4回(平成24年度第2回)領域会議

日時: 2012年7月15日
場所: 伊豆山研修センター

「青春脳」夏合宿において第4回領域会議を開催いたしました。詳細はこちら

公募班ワークショップミーティング

<日時> 2012年5月27日(日) 9:00-13:00
<場所> 東京大学医学部教育研究棟13階 第6セミナー室

最初に笠井清登・領域代表より概要説明がなされ、続いて各公募班研究者(文東美紀、西谷正太、藤澤啓子、長谷川功、皆川泰代、伊藤岳人、花川隆、石原孝二、高橋史、中村元昭、笠原和起 発表順、敬称略)より研究内容についてのプレゼンテーションがありました。本領域のコンセプトを共有し、有機的な連携をはかることを主眼に活発な議論がなされました。

本領域をご担当頂く文部科学省研究振興局学術調査官である、松田哲也先生(玉川大学)よりご講評を頂きました(文責:多田真理子)。

公募研究については、こちらもご覧ください。

第3回(平成23年度 第3回)領域会議

<日時> 2012年3月20日(火・祝) 9:00-17:00
<場所> 東京大学 医学部教育研究棟 セミナー室

最初に、笠井領域代表より、「自己制御(self-regulation)」のコンセプトについて、様々な学問分野で多様な意味で使われているなかで、本領域が目指す方向性を中心に説明があり、各計画班の位置づけについても議論がなされました。

その後、A01、A02、A03の各研究班の進捗状況報告が行われました。また、昼食時には、各アドバイザリーボード・委員会報告や、若手研究者合宿についての具体的なプログラムの検討が行われました。

最後に、学術調査官の松田哲也先生(玉川大学)、藤倉達郎先生(京都大学)よりご講評を頂きました(文責:西村幸香)。

第2回(平成23年度 第2回)領域会議

<日時> 2011年10月30日(日) 9:00-17:00
<場所> 東京大学大学院医学系研究科 教育研究棟13階 第5セミナー室

各計画班の進捗状況報告としてA01思春期コホート(西田淳志、佐々木司、長谷川眞理子、高橋泰城 発表順、敬称略、以下同)の発表があり、引き続き、総括班活動の報告がありました。アドバイザリーボード(西田淳志、高橋泰城、佐々木司、福田正人、藤井直敬、酒井弘)と委員会(萩原裕子、田中聡、橋本龍一郎、笠井清登、山崎修道、長谷川眞理子)から、本領域をどのように進めていくかの具体的な報告がなされました。その後、植原亮先生(司会:信原幸弘)より研究の倫理面にむけたご講演がなされました。

お昼休みを挟み、午後は領域内連携の研究計画についての討議が行われました。

最後に、本領域をご担当頂く文部科学省研究振興局学術調査官である、松田哲也先生(玉川大学)よりご講評を頂きました(文責:多田真理子)。

公募研究のご案内については、こちらもご覧ください。

第1回領域会議

日時: 2011年9月23日
場所: 東京大学入院棟A棟15階 大会議室

詳細はこちら

3: 若手・女性支援

「青春脳」夏合宿 第2回 若手・女性研究者向け夏合宿

<日時> 2013年7月13日~14日
<場所> 湘南国際村センター・総合研究大学院大学

1日目:7月13日(土) 湘南国際村センター

13:30-15:30 ポスターセッション

A1-1: 『中学生を対象とした学校教員が実施する精神保健リテラシー教育プログラムの効果評価』
小塩 靖崇(東京大学教育学研究科)
A2-1: 『ラットにおける時間割引とメタ認知の関連性』
結城 笙子(東京大学総合文化研究科)
A2-2: 『自閉症スペクトラム障害への介入に関する倫理的議論の動向』
北野 安寿子(東京大学総合文化研究科)
A2-3: 『音声の認識と制御から探る自己像』
徐 鳴鏑(首都大学東京)
A2-4: 『‘敵と味方’認知の霊長類モデル』
加藤 君子(新潟大学医学部)当日発表;川嵜 圭祐
A3-1: 『Impaired empathic abilities and reduced white matter integrity in schizophrenia』
藤野 純也(京都大学医学研究科)
A3-2: 『抑うつ症状を呈する大学生の回避行動に対する行動活性化療法の検討
-治療初期の介入ターゲットに着目して-』
高垣 耕企(広島大学医歯薬保健学)
A3-3: 『Decrease of thalamic volume in anorexia nervosa: Voxel-based morphometric MRI study
神経性食思不振症における視床体積の低下: Voxel-based morphometry (VBM) を用いた検討』
幸村 州洋(名古屋大学医学系研究科)
(発表順、敬称略)

16:00-17:00 招待講演1
『関係性と子どもの社会情動的発達』  遠藤 利彦先生 (東京大学大学院 教育研究科)

17:15-18:15 招待講演2
『自己制御の発達行動遺伝学』  山形 伸二先生 (独立行政法人 大学入試センター)

18:30-20:30 懇親会

21:00-    交流会

本合宿では、昨年度と同様、お子様連れの研究者も参加できるよう、ベビーシッター制度を採用し、昨年度を上回る多くの研究者の皆さまにご参加頂きました。

1日目は、A01、A02、A03の3領域から若手研究者8名のポスターセッションが取り行われました(A01座長:西田淳志、A02座長:福田正人、A03座長:岡ノ谷一夫)。各研究発表に対して、その分野の研究者だけでは無く、様々な分野の研究者からアドバイスや質問が上がり、今後の研究に向けて活発に議論がなされました。

招待講演では、遠藤利彦先生と山形伸二先生にご講演いただきました。遠藤利彦先生は、養育者と子どもの関係性(アタッチメント)と子どもの社会情緒的発達等を研究されています。当日は「関係性と子どもの社会情動的発達-アタッチメント理論から見る自己制御」というテーマで、子供は自他の情動を理解し制御し、自律的に振舞うための力を獲得するという発達過程とその機序等を、アタッチメント理論から概説していただきました。山形伸二先生はパーソナリティ、論理的思考力、市民性などの個人差の測定と発達、およびその教育・社会達成との関連について教育心理学、発達心理学、社会心理学、教育社会学、行動遺伝学等の視点から研究されています。当日は「自己制御の発達心理行動遺伝学」というテーマで、発達行動遺伝学の基礎的手法について解説するとともに、各手法を用いて得られた代表的知見、および自己制御の特性的個人差(エフォートフル・コントロール)について得られた知見を紹介していただきました。両先生の専門的視点から見た“自己制御”に関しての御講演に対して、多くの質疑応答がなされました。御講演の後には、懇親会や、交流会が行われ、研究者の皆様の間で親睦が深められました。

2日目:7月14日(日) 総合研究大学院大学

8:45-8:55 領域会議
領域代表挨拶  笠井 清登

8:55-9:30 公募班 フラッシュトーク

A01 文東 美紀、西谷 正太
A02 長谷川 功、皆川 泰代、伊藤 岳人、花川 隆
A03 石原 孝二、高橋 史、中村 元昭、笠原 和起

9:30-12:10 計画班報告

A01 長谷川 眞理子、高橋 泰城:ディスカッション
A02 藤井 直敬、萩原 裕子・橋本 龍一郎、岡ノ谷 一夫、酒井 弘:ディスカッション
A03 笠井 清登、村井 俊哉、岡本 泰昌:ディスカッション

12:10-12:30 事務確認 (国際シンポジウム等)

2日目は笠井清登領域代表の挨拶から始まり、公募班の進捗報告の後、A01、A02、A03の計画代表・分担研究者の発表とディスカッションがありました(A01:長谷川眞理子、高橋泰城  A02:藤井直敬、萩原裕子、橋本龍一郎、岡ノ谷一夫、酒井弘  A03:笠井清登、村井俊哉、岡本泰昌、発表順、敬称略)。次に、今後の企画(国際シンポジウム等)の確認などが行われました。(文責:藤川慎也・多田真理子)

「青春脳」夏合宿 第1回 若手・女性研究者向け夏合宿

<日時> 2012年7月14日~15日
<場所> 伊豆山研修センター

7月14日(1日目)
13:00 領域代表・合宿幹事挨拶(笠井清登・田中聡)
13:05 ポスターセッション
A1-1 股村美里「思春期の子どもの睡眠習慣と不安・抑うつの変化に関する縦断的検討」
A1-2 小塩靖崇「各国における学校メンタルヘルスリテラシー教育プログラムの検討」
A2-1 徐鳴鏑「Recognition of Self vs. Other voices
A2-2 里麻奈美「自己/他者の行為認知におけるパースペクティブの制御」
A2-3 高橋美樹「さえずり文化の継承にみるジュウシマツと野生種間の生得的制約の比較」
A2-4 加藤君子「‘敵と味方’認知の霊長類モデル」
A2-5 橘亮輔「聴覚フィードバックの実時間操作のための信号処理技術開発」
A2-6 石毛陽子「会話中の健常者における不安と脳機能の関連についての検討」
A3-1 片山寛人・幸村州洋「NIRSおよびMRIを用いた神経性食思不振症の中枢神経機能障害探索」
A3-2 結城笙子「ラットを用いた比較メタ認知研究」
A3-3 高橋 史「小中学生の問題解決による攻撃行動の制御効果」
A3-4 山本哲也「うつ病の再発にかかわる認知的脆弱性の神経生理学的基盤の検討」
(発表順、敬称略)
15:00 招待講演1 『女性として科学者になるということ』
森郁恵先生 名古屋大学大学院理学研究科
16:15 招待講演2 『私と研究 -アメリカ留学から学んだこと-』
三宅なほみ先生 東京大学大学院教育学研究科
17:00 懇親会
19:00 有志企画(花火、スイカ割り)
21:00 交流会

最初に、笠井清登領域代表および田中聡(名古屋大学)より挨拶があり、A01、A02、A03の三つの領域の若手研究者12名のポスターセッションが取り行われました(A01座長:山崎修道、A02座長:岡ノ谷一夫、A03座長:笠井清登)。各研究者に対して、今後の研究の発展へとつながる質問が次々と上がり、活発な議論が繰り広げられました。

招待講演では、森郁恵先生と三宅なほみ先生にお越しいただき、ご講演いただきました。森郁恵先生は、線虫Caenorhabditis elegansをモデル動物とした分子神経遺伝学、感覚受容の分子機構、神経回路に基づく行動の分子基盤の解明、記憶と学習の分子機構の解明などの研究をしてきた研究者です。三宅なほみ先生は、認知科学、認知心理学をベースに人の理解や学習のメカニズムとそれを支援する方法や環境作りといった、人の賢さに関わる研究をしてきた研究者です。お二方の先生方より、女性研究者としてどのような道を歩んでこられたのか、実体験に基づくお話をいただきました。会場にいる多くの若手研究者から、研究内容に関することから、研究者として生きていくにあたっての悩みに関することまで、様々な質問が上がりました。

本合宿では、お子さんのいらっしゃる研究者の参加もできるよう、ベビーシッター制度を採用しました。一日の終わりには、お子さんたちを交え、懇親会、花火・スイカ割りといったリクリエーションや、交流会が行われ、研究者同士の親睦が深められました。(文責:吉原美沙紀)

7月15日(2日目)
9:00   計画班進捗報告(計画代表・分担研究者:各5-10分程度)
13:00   総括班:来年度の企画について
13:30   計画班内連携及び公募班-計画班連携
15:00   計画班間の共同研究進捗状況

各計画班の進捗報告として、A01、A02、A03の計画代表・分担研究者の発表がありました(A01:長谷川眞理子、高橋泰城、西田淳志、佐々木司、A02:藤井直敬、萩原裕子、橋本龍一郎、酒井弘、福田正人、岡ノ谷一夫、A03:笠井清登、山崎修道、西村幸香、岡本泰昌、村井俊哉、田中聡 発表順、敬称略)。次に、25年度の企画(国際シンポジウム、夏合宿、年度末会議等)についての日程の取り決めなどが行われました。その後、各計画班内連携及び公募班・計画班連携の為、話し合いが行われ、各計画代表である長谷川眞理子、藤井直敬、笠井清登より報告がなされました。最後に、思春期コホートフォーカスグループ連携(A01-A02)と、メタ認知:ヒト動物比較(A02 -A03)の2つに分かれ、計画班間の共同研究の進捗状況の確認、情報交換、計画の為、話し合いが行われた後、各代表より報告がなされました。(文責:吉原美沙紀)

4: ニュースレター


ニュースレターvol.1

ニュースレターvol.2

ニュースレターvol.3

ニュースレターvol.4

ページの先頭へ